“WBC最強打線” ドミニカ強さの秘密

現地取材で探る、メジャーリーガー輩出工場の全貌

インディアンズのアカデミーでバッティング練習を行う若手選手。メジャーリーグの28球団がドミニカにアカデミーを持っている(撮影:龍フェルケル

メジャーリーガーを95人も輩出

15世紀末に冒険家のコロンブスが発見したカリブの島国は、500年後の現在、世界屈指の野球大国として知られている。第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で優勝候補に推され、順調に準決勝まで駒を進めたドミニカ共和国だ。

人口1000万人、国土面積は九州と高知県を足したほどの小国にもかかわらず、2012年開幕時点でメジャーリーグ(MLB)に95選手を輩出している。これは、アメリカに次ぐ人数だ。彼らこそ、ドミニカが今回のWBCでここまで勝ち上がってきた原動力である。

初戦のスペイン戦から準決勝進出を決めた2次ラウンドのアメリカ戦まで、“WBC史上最強”とも評される打線が期待通りの活躍を見せている。

2011年にメジャーリーグで首位打者に輝いたホセ・レイエスが1番打者として牽引し、ニューヨーク・ヤンキースで中軸を任されるロビンソン・カノは3番に座って23打数13安打と絶好調だ。6番のネルソン・クルーズは2011年にポスト・シーズン史上最多の6本塁打を放った“短期決戦男”ぶりを今大会でも発揮し、22打数9安打、6打点と打線に厚みを持たせている。昨季トロント・ブルージェイズで42本塁打を放ったエドウィン・エンカーナシオン、2009年にナ・リーグで首位打者に輝いたハンリー・ラミレスの4、5番も要所で仕事を果たし、打線の破壊力は他国の追随を許さない。

次ページサッカー界におけるブラジル
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。