お経をテクノに乗せる「DJ住職」が目指すもの

お寺の本堂がアゲアゲなダンスフロアに

お経をテクノ風にアレンジした音楽法要が話題に(写真:gandhi / PIXTA)

これもひとつのクールジャパン……。福井市の照恩寺が、お経をテクノ風にアレンジした音楽法要をおこない、話題を集めている。

本来のターゲットであった若者だけではなく、地域のお年寄りや子どもたちにも受け入れられた、その法要(と書いてパーティと読みたい)の全貌とは、どのようなものだったのだろう?

本堂がアゲアゲなダンスフロアに

 

流れているのは、浄土真宗・親鸞聖人の教え「正信偈(しょうしんげ)」などをテクノ風にアレンジした音楽。また、極楽浄土をイメージしたというライトアップで、蓮の花や鳳凰の姿も投影している。

次ページ20代の頃にプロDJとしての経験をもつ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。