ディズニーが客の「足元追跡」に執心する理由

「個別に最適化されたサービス」の実現を模索

行動のトラッキングによって最適なサービスを受けられるようになるかも(撮影:尾形文繁)

ディズニーランドで迷っていたら、「お客様がお好みのアトラクションなら、あちらでお楽しみいただけますよ」とロボットに案内されたり、販売店に入ったら、「お客様の好きな『カーズ』のミニカーがお勧めですよ」と店員に勧められるなど、こちらの要望を先回りして把握・提案されるようになるかもしれない。

なぜなら、ディズニーランドに一歩入ったときから、あなたの行動は密かにトラッキングされ、指向性などがデータベース化され分析されるからだ。ディズニーには、そんな企みがあるようなのだ。

新たなトラッキング技術の特許取得

当記事はFUTURUS(運営:INCLUSIVE)の提供記事です

Disney Enterprisesは、テーマパークに来園した客の足元を、密かにスキャンして、履いているズボンや靴の特徴と顧客データをデータベースに取り込み、テーマパーク内での行動をトラッキングする技術の特許を取得した。特許では、この技術は客ごとに最適化されたサービスの提供に利用するという。

来園者は、まずチケットブースや入場口などで足元をスキャンされる。そのとき、客の足元の特徴である、履いているズボンや靴の柄などの組み合わせが特定される。

source:United States Patent and Trademark Office

そして、園内を巡回するロボットが、全ての客の足元を撮影しながら、客のデータベースに行動を追跡した結果が蓄積される。

次ページトラッキングすることは非常に重要な販売促進戦略だ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。