資本主義の行き過ぎを技術の力で救えるか?

弁護士から金融界に転身した男の本音

北澤直氏(右)は「おカネにはならないけれど、社会のためになる仕事がある」と誘われてフィンテックベンチャーに身を投じた
最近、金融業界で盛んにつかわれるようになった言葉に「フィンテック」がある。金融(ファイナンス)と技術(テクノロジー)を組み合わせた造語だが、いったい何が新しいのか。今までの金融と何が違うのか。フィンテックを使うことで資産運用を手助けするベンチャー企業「お金のデザイン」の北澤直COOに話を聞いた。

弁護士から金融業界へ

この連載の一覧はこちら

塩野:この連載は、いま活躍しているプロフェッショナルのキャリアストーリーを探る、というものです。「お金のデザイン」そのものについて聞く前に、まずはキャリアパスから伺います。北澤さんは弁護士ですよね。なぜ金融業界へ?

北澤:私は幼少期から中学校までアメリカに住んでいました。日本企業にいた父はジャパンバッシングに苦しんでいました。「日本人はコミュニケーションの時点でハンデを負っているなあ」と感じていました。

弁護士になるなら、言語能力や法律知識を高めて日本企業の海外進出に寄り添える仕事がしたい。それならば社会の役に立てると思いました。そこで、2002年に外資系の法律事務所、ポールヘイスティングスに入りました。

日本の大手法律事務所にいる中堅どころのエース級の方達もどんどんと新しいことを求めて移籍してきていた時代です。ピーク時には日本人が30人位いた中で、キャリアをスタートしました。

塩野:いわゆる渉外弁護士になって、どんな案件を手がけられましたか。

北澤:ウォルマートが西友を買収する案件などですね。その後、2006年にアメリカのロースクールに行き、卒業後ニューヨークのポールヘイスティングスのオフィスで働いていました。その後、2008年からモルガン・スタンレーの投資銀行で不動産のカバレッジの仕事を始めました。

次ページホラー映画のようだったリーマンショック
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。