膠着した市場が動き出すのは、いつなのか

注目を集める26日のFRBイエレン議長の発言

イエレン議長はジャクソンホールの会合で何を話すのか(2014年の同地で、写真:ロイター/アフロ)

日本ではお盆休みの週も終わり、今週から市場に戻ってきた個人投資家も多いだろう。海外市場でも夏季休暇シーズンが終盤になり、そろそろ市場が動き出すころである。今年の夏は昨年の「チャイナショック」のような出来事もなく、大きな混乱もなかった。

イエレン議長は利上げの時期を明確にするのか

逆に言えば、材料不足でもあり、株価や為替の動きも乏しくなり、強気派も弱気派も動けなかったといえる。しかし、現在のような低ボラティリティの状況が長期化するとは思えない。近いうちに、市場は上昇あるいは下落の方向に大きく動き出すことになろう。

市場の関心は、ワイオミング州ジャクソンホールで開かれる年次会合でのイエレンFRB(米連邦準備制度理事会)議長の講演に集まっている。市場関係者は、この講演の内容をまずは確認したいと考えている。この数日間の市場が膠着しているのは、そのためである。

注目のイエレン議長の講演は26日に実施されるが、市場では「イエレン議長が利上げは遅いペースになるとの見通しを明確にする」と予想する向きが少なくないようだ。

FRB関係者の中でも少数派となったハト派(=利上げ慎重派)としての発言の重みがどの程度なのか、注目することになるのだろう。

次ページFRBは早期利上げに踏み切るのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。