記事広告アーカイブ

コストを利益に変える調達のプロ

ディーコープ

固定費の制約上、調達に関して専門部署を配備できない企業も少なからずあるだろう。そんな企業が調達部門をアウトソースしたり、サプライヤーとの情報ギャップを埋め、コストを最適化するためのサービスに注目が集まっている。この分野でのリーディングカンパニーであり、これまで累計で取扱額約2兆円、取扱案件6万件超という圧倒的な実績を達成しているのが、ディーコープだ。

ニーズの本質を見極め
仕様の最適化を図る

取締役 谷口 健太郎
『リバースオークション戦略~会社のコストを利益に変える~』を執筆した谷口氏は電子調達の第一人者

「購入者が調達でコスト削減効果をあげるためには、発注する仕様書の工夫が不可欠です」とディーコープ取締役の谷口健太郎氏は説く。それには「本当に必要なものは何なのか、求めている要素や機能の本質を徹底的に掘り下げることから始めなければなりません」。

それと同時に、多くのサプライヤーからその商材に関する最新情報をあらゆる角度から聞き出し、購入者のニーズとサプライヤーの提案をすり合せる作業を行っていく。こうしたプロセスを経て仕様を最適化していくことによって、購入者とサプライヤーのwin-winの関係を演出するのが、コストをプロフィットに変える調達のプロの技だ。

「例えば買い手が自動車メーカーの場合、鋼材を調達するために、買い手側はサプライヤー様と同等の高い商品知識や、豊富な情報を有している専門家を擁しているので、丁々発止の取引を展開できます。ところが、ロングテールともいえる間接材については、ほとんどの企業が専門家を持たず、サプライヤー様との間に情報格差が生じています。このギャップを埋めるお手伝いが、われわれの果たす大きな役割です」と自らの存在意義を語る。

これまで累計の取扱額は2兆円、取扱案件が約6万件という実績に裏付けされるディーコープのノウハウは、民間企業のみならず各省庁や自治体、公的機関にも利用されている。

「われわれは見積もり取得、取引先の選定といった入口だけではなく、発注、納品、請求、支払いという出口までの“商流”を一括したサービスとしても提供できます。とくに支払いに関しては口座を弊社に一本化できるので、これまでかかっていた銀行手数料も削減できるなど、多くのメリットを享受していただけます。間接材のコスト削減を図るために調達部門をアウトソースするという感覚で弊社を利用していただければと思います」。

では、実際にディーコープのサービスを活用して、コスト削減を実現した事例をご紹介しよう。

次ページJAL再生を支えたコスト削減の裏舞台
資料請求
お問い合わせ
ディーコープ株式会社
ディーコープ株式会社
東京都港区東新橋1-9-2
汐留住友ビル 19F
 info@deecorp.jp
 http://www.deecorp.jp/
ウェブサイトはこちら

「間接材コスト最適化の始め方」セミナー

 ― 比較購買からはじめるコスト最適化戦略 ―

  • 日時:2013/5/9(tue)、2013/5/17(Fri) 15:00-
  • 場所:東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル 20F
    ソフトバンクBB(株) カンファレンスルーム