安倍首相、「マリオ」姿でリオ閉会式登場

東京大会を熱烈アピール

 8月21日、リオデジャネイロのマラカナン競技場で行われた五輪閉会式に、安倍晋三首相が人気ゲームの「スーパーマリオ」の扮装(ふんそう)で登場し、2020年東京大会をアピールした(2016年 ロイター/Stoyan Nenov)

[リオデジャネイロ 21日 ロイター] - リオデジャネイロのマラカナン競技場で21日夜(日本時間22日朝)に行われた五輪閉会式に、安倍晋三首相が人気ゲームの「スーパーマリオ」の扮装(ふんそう)で登場した。

閉会式では、4年後の2020年に五輪が開催される東京に五輪旗を引き継ぐセレモニーが行われ、競技場では君が代が流れ、グラウンドには日の丸が形作られた。

続いて東京大会に向けたパフォーマンスが始まると、映像とリンクする形でグラウンド中央に置かれた土管から、「スーパーマリオ」に扮(ふん)した安倍首相が現れるというサプライズ演出で東京大会をアピールした。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。