「秋以降の就活」は隠れた優良企業探しの好機

4年生の就活生へ!あきらめるのは早すぎる

売り手市場の時に内定がないのはつらいが、多くの企業が採用活動を継続していることを忘れてはならない(写真:EKAKI/ PIXTA)

 いよいよ、2017年卒生たちの正式内定日まで、あと1カ月ほどになりました。面接選考解禁が前倒しになった今年の就活はスタートダッシュ傾向が強く、内定率は7月時点ですでに7割。それだけに、現在就職活動をしている学生やその関係者は、周囲を見て焦りや不安を感じていることでしょう。

しかし、そんなみなさんに知ってほしいのは、今まさに採用活動を実施・継続している企業が、多数あるということです。私たちの就職エージェントサービスは4000社以上の企業にご利用いただいており、いわゆる「非公開求人」を預かることもあります。そうしたサービスを担当する立場から見えてくる「秋以降の就活」について、お話ししたいと思います。

採用活動を実施・継続している企業は3タイプ

就職四季報プラスワンの記事一覧はこちら

今、採用活動を実施・継続をしている企業を見ると、大きく3つのタイプに分けられます。

① これから採用活動を始める企業

意外に思われるかもしれませんが、この時期から採用活動を始めようという企業は、一定数存在します。規模の大きな企業ばかりではありませんが、しっかりとした個性を持った企業が多いようです。

この時期から採用活動をスタートする方が、自社に本当に合致した学生を採用できる、という考えのもとに、夏以降の採用活動を定例化しています。こうした企業は学生の個性や学生が就職活動で得た気づきを尊重する傾向があります。

② 3月にスタートしたものの、充足しきっていない企業

中規模から準大手企業に多いのですが、優良企業であるにもかかわらず、一般消費者向けの製品を扱っていないために学生からの認知度が低く、学生集めに苦戦するところは少なくありません。こうした企業は採用数が予定に到達せず、採用活動を継続しています。

次ページ内定式前に辞退者が出て予定人数未達の企業も
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。