日産、軽自動車への“踏み込み”

三菱自との初の共同開発モデルが6月登場

日産自動車が三菱自動車と共同で開発を進めてきた新型車が、いよいよお目見えする。日産から「DAYZ(デイズ)」「DAYZ ハイウェイスター」(=タイトル下写真=)、三菱自から「eKワゴン」「eKカスタム」の各シリーズとして、6月に発売されるワゴンタイプの新型軽自動車だ。発売に先駆けて、このほどデザインを先行公開した。

軽自動車は12年に国内新車市場全体の37%を占めており、エコカー補助金が切れた後も比較的堅調な売れ行きを続けている。その有望市場に投下する「DAYZ」シリーズは、日産にとって軽自動車戦略の転換点を象徴するクルマだ。

三菱自側の車名から分かる通り、この新型軽はこれまで三菱自が生産し、日産へは「オッティ」のブランドでOEM(相手先ブランドによる生産)供給している「eKワゴン」の後継モデルとなる。

日産テイストのデザインを表現

これまで日産は三菱自からOEM供給を受ける際、車体の外観を若干変更する程度にとどまっていたが、「DAYZ」シリーズの外観を見るかぎり、日産はデザインテイストなど独自性を持たせるように踏み込んだ印象を受ける。

それもそのはずで、「DAYZ」「eK」シリーズは、日産と三菱自が2010年に折半出資で設けた開発会社NMKVが、商品企画から設計・開発を担当している。生産は従来どおり、三菱自の主力工場である水島製作所(岡山県)が担当するが、部品の調達や生産技術面を中心として、日産側が大きく関与した。

次ページデザインを先行公開したワケは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
米中接近の真実

昨年の米大統領選で、トランプ氏は中国に対して攻撃的だった。大統領就任後は、打って変わって融和的だ。ポイントは北朝鮮問題。流動的な米中関係の狭間で日本が進む道を示す。