英語は「動詞の使い回し」で劇的に上手くなる

「20の動詞」を感覚で捉えて使うのがコツ!

put off」はよく知られた熟語で「延期する」の意味。これはモノの変化ではなく、状況の変化を表しているわけです。

ところで、「put on」は「服を着る」という意味ですがput offが「服を脱ぐ」にならないのは、「put」という単語が「固定」のイメージだからだと考えられます。「服を脱ぐ」は「take off」。takeのもつ「引っ張る」のイメージが「脱ぐ」に相当するからなのでしょう。

day off」は、仕事がオフの日のことを意味しますが、これも自分の仕事から「はなれている」というイメージがもとになっている表現です。

ただ丸暗記するのではなく

画像をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

このように、動詞とit/前置詞の持つイメージ・概念でとらえていれば、言い回しをただ丸暗記するのではなく理解して覚えることができますし、「じゃあ、仕事を引き受けるというのは、手元に引き寄せるというイメージだからtake onかな?」と自分なりに推測できるようになるでしょう。

では、最後にクイズを出題したいと思います。

次のビッグワードを、「put」、「have」、「take」のいずれかと、itもしくは前置詞を組み合わせて、表現することができますか?

①「include(箱の中に入れる)」

②「obtain(入手する・手の中にある)」

③「extinguish(消火する)」

答えは以下のとおりです。

put…in the box

have it in hand

put out

かなり万能な「20の動詞+it/前置詞」。これだけ押さえておけば、朝起きてから夜寝るまで、仕事でもプライベートでも、ほとんどのことは表現できます。難しい単語を新しく覚えるよりも、手持ちの基本的な単語を大いに使い倒してみてください。

「この動詞、こんなときにも使えるのか!」という発見を重ねながら、楽しく英語をマスターしていきましょう。

(構成・山岸美夕紀)


 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
リクルート<br>覚悟の海外展開

リクルートの海外事業が絶好調だ。海外の人材派遣事業を買収し、急成長している。目標は2020年までに人材事業で世界一。海外事業をゼロから育てた2人のキーマンに迫る。