一度の逮捕歴も、一生「検索」され続けるのか

グーグルへの削除要請が認められる条件は

グーグル検索で逮捕歴がわかってしまう(写真:Rawpixel / PIXTA)

検索サイト「グーグル」で自分の名前を検索すると、過去の記事で逮捕歴がわかってしまう――。男性がグーグル社に対して、過去の記事を表示しないよう求めた仮処分申し立てについて、東京高裁は7月中旬、削除を命じたさいたま地裁決定を取り消し、申し立てを却下する決定を下した。

さいたま地裁は2015年6月、男性の逮捕の記事の検索結果を削除するよう命じた。グーグル側がその削除要請の取り消しを求めて同地裁に異議を申し立てたが、同年12月に「忘れられる権利」を認めて、グーグル側に削除を命じる決定を下していた。

東京高裁が判断を示した3つのポイント

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

東京高裁の決定のポイントはどこだろうか。そして、今後、「忘れられる権利」はどうなるのか。ネット問題にくわしい神田知宏弁護士に聞いた。

「東京高裁の決定(平成28年7月12日)は、次の3つの論点について判断しています。

(1)グーグルに対する検索結果の削除請求は認められるか

(2)過去の逮捕報道はプライバシーなどを理由に削除請求できるか

(3)いわゆる「忘れられる権利」は認められるか」

それぞれどのように判断されているのだろうか。

次ページグーグルは「検索結果」に責任を負うのか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。