シンクロデュエットは乾・三井組が銅を獲得

ロシア勢が5大会連続の金メダル

 8月16日、リオデジャネイロ五輪、シンクロナイズドスイミングのデュエット・フリールーティン(FR)決勝で、日本の乾友紀子、三井梨紗子組は3位に入り、日本勢2大会ぶりの銅メダルを獲得(2016年 ロイター/Michael Dalder)

[リオデジャネイロ 16日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は16日、シンクロナイズドスイミングのデュエット・フリールーティン(FR)決勝を行い、日本の乾友紀子、三井梨紗子組は日本勢2大会ぶりの銅メダルを獲得した。

日本は決勝で予選を上回る94.9333点を出し、15日のテクニカルルーティン(TR)との合計188.0547点で3位に入った。

ロシアのナタリア・イーシェンコ、スベトラーナ・ロマシナ組が連覇を達成。ロシア勢としては2000年シドニー大会から5大会連続の金メダル獲得となった。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。