シンクロデュエットは乾・三井組が銅を獲得

ロシア勢が5大会連続の金メダル

 8月16日、リオデジャネイロ五輪、シンクロナイズドスイミングのデュエット・フリールーティン(FR)決勝で、日本の乾友紀子、三井梨紗子組は3位に入り、日本勢2大会ぶりの銅メダルを獲得(2016年 ロイター/Michael Dalder)

[リオデジャネイロ 16日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は16日、シンクロナイズドスイミングのデュエット・フリールーティン(FR)決勝を行い、日本の乾友紀子、三井梨紗子組は日本勢2大会ぶりの銅メダルを獲得した。

日本は決勝で予選を上回る94.9333点を出し、15日のテクニカルルーティン(TR)との合計188.0547点で3位に入った。

ロシアのナタリア・イーシェンコ、スベトラーナ・ロマシナ組が連覇を達成。ロシア勢としては2000年シドニー大会から5大会連続の金メダル獲得となった。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
ホンダの限界

ホンダが「らしさ」と効率化の間で揺れている。車づくりを世界各拠点の独自性に委ね「らしさ」を維持してきたが、生産が500万台を超え、個性と効率、どちらをとるかの分岐点に立つ。