五輪シンクロ、乾・三井組は予選3位で決勝へ

1位はロシア、2位は中国

 8月15日、リオデジャネイロ五輪、シンクロナイズドスイミングのデュエット予選のテクニカルルーティン、乾友紀子、三井梨紗子組は3位で決勝のフリールーティンに進んだ(2016年 ロイター/Stefan Wermuth)

[15日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は15日、シンクロナイズドスイミングのデュエット予選のテクニカルルーティン(TR)を行い、乾友紀子、三井梨紗子組は3位で決勝のフリールーティン(FR)に進んだ。

乾・三井組はTRでは93.1214点をマーク。前日のFRとの合計を187.5214点とした。

ナタリア・イーシェンコ、スベトラーナ・ロマシナ組(ロシア)が合計194.5244点で1位。中国が合計191.4355点で2位だった。

決勝でもFRとTRが行われる。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
3位転落からの挽回戦略<br>ローソンの危機感

玉塚会長退任と同時に示された、野心的な中期経営計画。ファミリーマートに店舗数で抜かれたローソンの戦略は、質と規模の両方を追うハードルが高いものだ。改革は実を結ぶのか。