クロス

仕事も自分も“格上げ”できる1本、CROSS

クロス

“手書き”が特別ないまだからこそ書く道具にもこだわりたい
“手書き”をする機会がめっきり減った。ビジネスシーンにおいては顕著かもしれない。簡単なメモ書きを、パソコンやスマホで行うビジネスパーソンも珍しくなくなった。けれど、これだけデジタル化が進んだ現在にあっても、「それは手書きでないと」というものが誰にでもあるはずだ。

いまも、スケジュールは紙の手帳に手書きで管理しているという人は多いのではないか。長年使っていて手帳とペンに愛着がある、パッと見で予定がわかる、予定を書き込んでいくのが楽しいなど、そこにはデジタルに取って代わられることのない良さがある。

仕事でアイデアを絞り出す際の走り書きもしかりだ。自ら手を動かすことが刺激となり良いアイデアが浮かぶ、思いついたアイデアをつなげて図にすることも手書きならば自在である。中には「手書きで手紙を送る」ことを習慣とする粋なビジネスパーソンもいる。メールが一般的なビジネスシーンだから、感謝の気持ちを伝えたいなど特別な場面での効果は絶大だ。たとえ、パソコンでつくられた形式的な文書であっても、末尾の署名を手書きにするだけで丁寧さが伝わるなど、いまや手書きというだけで特別感を演出できたり、時にその人柄をも伝える大切な機会となっている。

次ページ世界で愛される高級ボールペンの定番とは
お問い合わせ
クロス・オブ・ジャパン
 http://www.cross-japan.com/