水分補給じゃ不十分!「腸から熱中症」の恐怖

暑さは腸の「毒素ブロック機能」も鈍らせる

きちんと水分補給をしているから…と、油断していないでしょうか(写真:aijiro / PIXTA)

8月も中旬になり、相変わらず毎日忙しい方、すっかり夏休みモードの方など、皆さんそれぞれの夏をお過ごしのことでしょう。ただどんな方も、体が暑さに慣れてきたとはいえ、連日熱中症関連のニュースが後を絶たないのは気になるところかと思います。

このシリーズでも毎週のように熱中症対策をお届けしていますが、最近の研究では、腸内環境と熱中症の関係もわかってきたようです。この観点を押えておくと、食事面でまた違った対策を打てそうですね!

「腸管バリア」が機能しなくなると…

この連載の記事一覧はこちら

連載内で何度か触れていますが、熱中症は外気の上昇に伴い体温が上がりすぎ、体にさまざまな障害を来すこと。熱中症で亡くなる方の数は、全国で毎年200~300人に上ります。その年齢層は幅広く、老若男女誰にでも危険があると言えるでしょう。

そんな熱中症の原因の一つとして、近年研究が進められているのが、腸内環境との関係です。

人間の腸内に潜んでいる毒素は、普段は腸管バリアという機能によって、腸壁から体内に吸収されてしまわぬようブロックされています。しかし体温が上がりすぎると、皮膚や体内の血流が悪くなり、腸管バリアがきちんと機能しなくなることも。血中に毒素が放出されることで各器官に炎症が発生、その結果熱中症も引き起こされると考えられています。

またこれと同じような現象が、暑さによる自律神経の乱れ、高脂肪食の食べすぎなどによっても生じることがわかっています。揚げ物や肉類だけでなく、乳脂肪の多いアイスクリームや生クリームなどの摂りすぎも高脂肪食に該当するので、気を付けましょう。

次ページ腸管バリア機能を正常に戻すには?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。