リネカー氏がパンツ一丁でテレビ番組に出演

レスター優勝で約束守る

 8月13日、サッカーの元イングランド代表FW、ゲーリー・リネカー氏(右)が、プレゼンターを務める英BBCのプレミアリーグのハイライト番組「マッチ・オブ・ザ・デイ」にパンツ一丁で出演した。オールド・トラフォードで5月撮影(2016年 ロイター)

[ロンドン 13日 ロイター] - サッカーの元イングランド代表FW、ゲーリー・リネカー氏(55)が13日、自身がプレゼンターを務める英BBCのプレミアリーグのハイライト番組「マッチ・オブ・ザ・デイ」にパンツ一丁で出演した。

同氏は昨年12月、プレミアリーグでレスターが優勝すれば、次シーズンの初回の番組に下着姿で登場すると宣言。予想に反してレスターは優勝したことから、この約束を守った。

リネカー氏は、他のプレゼンターが後ろで笑うなか、白いボクサーショーツのみを着て真顔で番組をスタート。その後「もうばかげた行為は十分だ。着替える」と話し、それ以降は服を着て登場した。

リネカー氏はBBCに対し「昨年12月当時はレスターがリーグを制する可能性はゼロだと分かっていた。それは現実のものとなったが、マジックのようで、素晴らしかった」と述べた。

同氏は1978─85年にレスターでプレーし、95得点を記録した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。