原沢が銀、柔道男子は全階級でメダルの快挙

女子の山部は銅

 8月12日、リオデジャネイロ五輪、柔道男子100キロ超級の決勝で原沢久喜(左)はテディ・リネール(左から2人目)に優勢で敗れ、銀メダルとなった(2016年 ロイター/Murad Sezer)

[リオデジャネイロ 12日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は12日、柔道2階級を行い、男子100キロ超級の決勝で原沢久喜は2012年ロンドン五輪金メダリストで6年間無敗のテディ・リネール(フランス)に優勢で敗れ、銀メダルとなった。

原沢は試合後、「勝ってこそ意味がある。これからチャンスある限り挑戦し続けたい」と述べた。

女子78キロ超級では山部佳苗が準決勝でロンドン五輪金メダリストのイダリス・オルティス(キューバ)に優勢で敗れたが、3位決定戦でカイラ・サイト(トルコ)に優勢勝ちし、銅メダルを獲得した。

柔道はこれで全階級を終え、日本の男子は7階級全てでメダル獲得を果たした。男女合わせてのメダル数は金3、銀1、銅8の12個となり、1大会で過去最多となった。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。