リオ五輪、ロシア不在の陸上は米国が圧勝か

米国選手からはライバルの不在を悔やむ声も

 8月11日、リオデジャネイロ五輪の陸上競技では、ロシア選手が不在のなか、米国が圧倒するものと予想される。写真は五輪会場で撮影(2016年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[リオデジャネイロ 11日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪の陸上競技では、ロシア選手が不在のなか、米国が圧倒するものと予想される。ロシアは過去3回の陸上競技では、いずれも2位のメダル数を獲得していた。

米国はロンドン大会では28個のメダルを獲得。今大会は女子棒高跳びのエレーナ・イシンバエワ、男子110メートル障害のセルゲイ・シュベンコフなど第1人者のロシア選手が出場停止のため、さらなる躍進が見込まれる。

ロシアは3月の世界室内選手権でも出場停止となり、米国は2位エチオピアに18差の23ものメダルを獲得していた。

一方、米国選手からはライバルの不在を悔やむ声も聞かれる。男子110メートル障害のデボン・アレンは「アスリートとしては、いつでも最高の選手と競争したい」とし、世界選手権王者のシュベンコフと戦えなくて残念と話している。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。