五輪柔道、羽賀は銅で梅木が初戦敗退

男子100キロ級と女子78キロ級

 8月11日、リオデジャネイロ五輪、柔道の男子100キロ級、2015年世界選手権王者の羽賀龍之介は3位決定戦でアルチョム・ブロシェンコに三角絞めで一本勝ちし、銅メダルを獲得(2016年 ロイター/Stoyan Nenov)

[11日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は11日、柔道の男子100キロ級を行い、2015年世界選手権王者の羽賀龍之介は3位決定戦でアルチョム・ブロシェンコ(ウクライナ)に三角絞めで一本勝ちし、銅メダルを獲得した。

羽賀は「目標は金メダルだけだったので、そのモチベーションがなくなった時にすごく苦しかったですけど、終わってみるとメダルがあるかないかは大きいので、その点では銅メダルでも取れてよかったと思います」と語った。

男子はこれまで行われた6階級ですべてメダルを獲得している。

女子78キロ級では、15年世界選手権優勝の梅木真美が初戦の2回戦でアビゲル・ヨー(ハンガリー)に優勢負けを喫した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。