人事担当者に求められる能力、仕事とは?

人事担当者アンケートから見えてきたもの

HR総合調査研究所は2012年12月7日~20日にかけて「人事のキャリアに関するアンケート調査」を実施した。その集計結果の中から、人事の業務別に必要な能力・スキル、経営メッセージの浸透度、今後重要になると思われる人事業務について紹介したい。

人事の業務ごとに異なる必要な能力・スキル

今回の調査では、人事の業務別に必要な能力・スキルを聞いた。人事の仕事を「採用」「教育・研修」「人事・労務管理」「人事戦略」「海外人事」の5つに分け、それぞれに対して答えてもらった。

「人事戦略」を除く業務面で、1位と2位になった能力が「コミュニケーション能力」。人事はヒト相手の仕事だから、当たり前のことかもしれない。またどの業務でも「社内人脈」が上位に入っているが、人事の仕事は社内根回しが多いのでこれも当然。

ところが、その他の業務では特徴的な能力が求められている。「プレゼン力」は学生相手の「採用」でも社員相手の「教育・研修」でも重要だが、他の業務ではあまり必要とされない。学生を奪い合う「採用」では採用戦線の動きが重要であり「情報感度」が2位になっている。しかし、長期的な人材育成を行う「教育・研修」では「企画・戦略立案力」が2位だ。

法律による手続きが決まっている「人事・労務管理」で1位の能力は「専門知識の高さ」。他に「コミュニケーション能力」「社内人脈」「事務処理能力」「トラブル処理能力」も必要になる。

「人事戦略」に必要な能力は1位が「企画・戦略立案力」、2位が「経営感覚」。「コミュニケーション能力」は8位であり、他の業務に比べるとかなり低い。「経営感覚」は他の業務では10位に位置しており、人事戦略では特に高い。

「海外人事」では「コミュニケーション能力」が1位だが、他の業務で低い位置づけの「異文化理解力」が2位と高い。また他のすべての業務で最低の「語学力」が5位と高い。業務と能力の相関について推測で語られることはあったが、今回の調査によって推測が裏付けられる結果になった。

次ページ経営者のメッセージは、人事に届いている?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。