女子200mバタフライ、星が2大会連続の銅

ベルモンテガルシア(スペイン)が優勝

 8月10日、リオデジャネイロ五輪、競泳の女子200メートルバタフライ決勝、星奈津美が2分5秒20で3位となり2大会連続の銅メダルを獲得した(2016年 ロイター/David Gray)

[10日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は10日、競泳の女子200メートルバタフライ決勝を行い、星奈津美が2分5秒20で3位となり、2012年ロンドン五輪に続く2大会連続の銅メダルを獲得した。ミレイア・ベルモンテガルシア(スペイン)が2分4秒85で優勝した。

星はレース後、「決勝レースを泳ぐからには金メダルを意識した。最後は腕もかけない、足も動かなくなるぐらいまで出し切れた」と語った。

男子200メートル平泳ぎ決勝では、小関也朱篤が2分7秒80で5位、渡辺一平が2分7秒87で6位だった。ドミトリー・バランディン(カザフスタン)が2分7秒46で金メダル。

女子800メートルリレー決勝では、日本は五十嵐千尋、持田早智、青木智美、池江璃花子で臨み、7分56秒76で8位だった。米国が7分43秒03で優勝した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
深圳発 中国メイカー革命<br>君は沸騰都市を見たか?

アジアのシリコンバレー、中国・深圳。スマホの世界大手ファーウェイ、ドローンの最大手DJIが本社を構える。起業家の野心が沸騰する街から始まった製造業革命の実像に迫る。