パックン、朝番続きでも寝不足知らずの秘訣

日本人も「眠いので帰ります」と言うべし!

睡眠不足に悩む日本人にパックンが送るメッセージとは?

来日20年。お笑い芸人としてだけでなく、TVのMCやナレーターなどですっかりおなじみの顔となったパックンことパトリック・ハーランさん。ハーバード大学卒業の高学歴を活かし、池上彰さんの推薦で東京工業大学の非常勤講師として「コミュニケーションと国際関係」について教えたり、歴代アメリカ大統領のスピーチを紹介する『大統領の演説』など著書を出版したりと、日米文化の橋渡し役としても活躍されています。

そんなパックンが日常生活の中でとても大事にしているのが「睡眠」。仕事に追われ、睡眠不足に悩む日本人にパックンが送るメッセージとは一体どんな内容なのでしょうか?

少年時代は早寝早起き、夜9時にバタンと寝る

当記事はFuminnersの提供記事です

アメリカも日本と同じく「寝る子は育つ」が常識というパックン。自身も子ども時代は早寝早起きの生活を送っていたといいます。しかも、まだ時計が読めないぐらい幼い頃から一人で超早起きをしていたというから驚き!

アメリカも日本と同じく「寝る子は育つ」が常識

「親が起きる前から起き出して、一人でテレビを観てました。といっても、朝早すぎてまだ放送が始まってない。ずっとカラーバーを観てたんですよ」。

一方、夜は眠くなったらどこでもバタンと寝てしまうタイプ。

「父親によく言われました、『おまえの電源スイッチは2つしかない。ハイとオフだけだな』って! 常に走り回ってるか、寝てるかどっちか。実は、母親も夜9時過ぎると眠くなって電池が切れたみたいになるんですよ。“私はシンデレラなの”って言うんだけど、シンデレラなら12時まではもつはずですよね(笑)」

さらに、10歳から高校生まで新聞配達の仕事を続けたことが、パックンの早寝早起きをますます習慣づけることに。高校生まで基本的に夜9時には寝て朝早く起きる生活を送っていたといいます。

次ページバイトに、部活も複数掛け持ち…いつ寝ていた?!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。