世界最長「空飛ぶおしり」、最終飛行テストへ

「エアランダー10」は全長92メートル

 8月10日、「空飛ぶおしり」として知られる世界最長の航空機「エアランダー10」が、民間航空機として初フライトを迎えるため、向こう数週間で最終的な地上テストが行われることになった。9日撮影(2016年 ロイター/Gareth Bumstead )

[10日 ロイター] - 「空飛ぶおしり」として知られる世界最長の航空機「エアランダー10」が、民間航空機として初フライトを迎えるため、向こう数週間で最終的な地上テストが行われる見通し。

ハイブリッド・エア・ビークルズが開発したヘリウムガスで飛ぶ全長92メートルの同機は、米軍の偵察機として何週間も紛争地帯を飛び回る予定だった。燃料は従来の航空機と比べ、ほんのわずかしか必要としない。

軍の資金は枯渇してしまったものの、補助金と2500万ドル(約25億3300万円)相当の民間投資でプロジェクトは継続できるようになった。

「エアランダー10」は気球と飛行船のハイブリッドで、開発会社は人道支援や到達困難な場所への輸送の分野で市場を独占できたらと期待している。

同機は垂直離着陸が可能で野原や砂漠、氷上や水上といったほとんどの従来機では難しかったような場所で操縦できる。

すべてうまくいけば、2018年までにさらに12機製造する予定だという。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。