盲点!「産後ハイ」を放置すると危険な理由

この時期に「キラキラネーム」を付ける人も…

「産後ハイ」で不眠になるママも……(写真:evgenyatamanenko / PIXTA)

 “産後うつ”はよく聞きますが、“産後ハイ”はご存じですか?

妊娠中は、妊娠を継続するためのホルモン、出産の痛みに耐えるためのホルモンなどが分必され、体も赤ちゃんが育ちやすいように変化しています。出産が終わると、今度は、妊娠を継続するためのホルモンは減少し、母乳を出すためのホルモンが分泌されます。また、体も骨盤や子宮などを中心に、産前に戻ろうとし、新生児が家族に加わり環境が変わり、心身共に変化が大きく今までのリズムとは違ってきます。

その結果、産後は、この変化に慣れずに精神状態が不安定になりやすくなります。今回は、そのひとつの症状でもある“産後ハイ”について、2度の出産を終えた筆者がお伝えします。

パワフルママ程度に思われがちな「産後ハイ」

当記事はIt Mama(運営:INCLUSIVE)の提供記事です

一般的に産後ハイは、産後すぐから始まり、3カ月前後で落ち着きます。症状が出ない人もいれば、終わる時期が1年後の人もいたりと、個人があります。

症状としては、眠れない、じっとしていられない、テンションが高い状態が続く、出産の話をしたがる、衝動買いをする、習い事を始めるなど、産後うつより元気なイメージなので、一見パワフルなママというだけのようで、分かりづらいかもしれません。

しかし、不眠が続く人もいて、睡眠薬を処方される場合もあり、精神バランスは乱れている状態です。

産後ハイ中に“キラキラネーム”を付けて、あとから後悔……という話もよく聞きます。そして、産後ハイは、やがて産後うつにもつながりやすいため、早めに対処をしたいものです。

次ページ産後ハイになりやすい人の特徴は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。