滑らかに動く「人工のエイ」に込められた展望

生物か、ロボットか…ハーバード大で開発

米ハーバード大学が行った実験の意味とは(写真 :ordinary world / PIXTA)

その透明な、体長が2センチに満たない小さなエイは、光りを当てるとそちらに向かって泳いでいく。その波打つようなヒレの動かし方や泳ぎ方は、どう見てもエイだ。

しかし、よく見ると、目も口もない。しかも透明な体の中心部にあるはずの骨は、金属だ。実はこのエイは米ハーバード大学の研究者らが作り出した人工のエイ。しかも泳ぐために動いているヒレは筋肉で動いているという。

これはいったい、生物なのか、ロボットなのか。

金属の骨格に生物の筋肉

当記事はFUTURUS(運営:INCLUSIVE)の提供記事です

米ハーバード大学の生物工学者であるKevin Kit Parker氏は、20人の研究チームを率いて人工の有機体を柔軟に動かせることを証明する実験を行った。

それは、エイのようにヒレを波打ちながら泳ぐ物体だ。物体と書いたのは、これは生物とは呼べそうにないし、かといってロボットとも呼びにくいからだ。

 
次ページヒレにはラットの生きた心筋細胞を20万個配置
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。