男子フルーレ個人、太田がまさかの初戦敗退

世界ランキング2位、第1シードなのに…

 8月7日、リオデジャネイロ五輪の男子フルーレ個人、2008年北京五輪銀メダリストの太田雄貴(写真)は2回戦でギレルミ・トウドに13─15で敗れ、姿を消した(2016年 ロイター/Issei Kato)

[7日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は7日、男子フルーレ個人を行い、2008年北京五輪銀メダリストの太田雄貴は2回戦でギレルミ・トウド(ブラジル)に13─15で敗れた。

世界ランキング2位で第1シードの太田は、男子フルーレ個人で日本初の金メダルを狙ったが、初戦で姿を消すこととなった。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。