ALAエイジング研究所

なんとなくいつも疲れている人は、「代謝」の変化に要注意!

特別広告企画/ALAエイジングケア研究所

ちょっとした生活習慣の乱れが、40代以上ではピンチに?

暑さが本番を迎えると、ついつい不摂生な生活をしてしまう人も多いはず。クーラーの効いた室内でゴロゴロしてしまったり、ちょっとした移動もタクシーを使って運動不足になったり……。その結果、秋を迎える頃にはお腹がポッコリ出ていたなんてこともよくある。

さらに40歳あたりを過ぎると、仕事は忙しくなって、自分のために使える時間はわずかに。ますます健康への気遣いは減っていく。あわせて加齢で体も変化し、今まで大丈夫だったことがごまかせなくなることもあるだろう。「メタボ」や「生活習慣病」というフレーズにドキッとする40歳以上のビジネスマンはきっと多いはずだ。

そんな生活が続くと、冗談では済まないような大きな病気にかかってしまうかもしれない。そのひとつが「糖尿病」。なんでも、40歳以上の男性の5人に1人は、糖尿病の予備軍だという(厚生労働省「平成24年国民健康・栄養調査」)。

糖尿病は、昔からよく知られている病気。それだけに「何をいまさら」と思う人もいるかもしれない。しかし、実はその患者数も近年増加し続けている。これだけ医療が発達し、健康ブームが起きているにもかかわらず、である。40歳以上の男性にとっては、他人事ではない話なのだ。

しかも厄介なのは、糖尿病の発見はとても難しいということ。初期に現れるのは、疲労感や頻尿といった小さなことばかり。「なんか最近疲れるなあ」と思っていると、実はもう糖尿病にかかっている。そんなケースさえあるのだから、なんとも悩ましい。

もしもそうやって発見が遅れると、知らぬ間にいろいろな合併症が出てしまう。脳卒中や心筋梗塞はその代表だ。さらに放置すると、網膜症で目が見えなくなったり、壊疽(えそ)で足を切断したりしなければならない可能性も……。

さらに、病気にかかったときの治療がツラいのも、糖尿病の恐ろしいところ。食事制限は基本中の基本で、食べたいものを食べられず、味付けさえも指導されてしまう。場合によっては、インスリン注射も日課に。不摂生の積み重ねが、こんな切ない事態に発展するかもしれないのだ。

次ページキーワードは「代謝」
お問い合わせ
ALAエイジングケア研究所
 http://ala-agingcare.jp/