おカネにまつわる本音と建前

金銭感覚のリアリティを問い直す

戦略コンサルタントを経て、現在、会津のバス会社の再建を手掛ける著者が、企業再生のリアルな日常を描く。「バス会社の収益構造」といった堅い話から、 「どのようにドライバーのやる気をかき立てるのか?」といった泥臭い話まで、論理と感情を織り交ぜたストーリーを描いていく。
雪深い会津の冬は安全運行が最重要です。そこにかけた投資は「何も起こらない」ことで反映されます

突然ですが、皆さん給料は誰からもらっていますか?

会社からです。それはそうですよね。会社の人件費から支出されます。でもちょっと待ってください。その人件費はどこから来たのでしょうか?それは売り上げです。自社の商品やサービスを買ってくれたお客様からの売り上げが元になっています。だから、私たちは給料をお客様からもらっていると思わなくてはいけません……。

なるほど、確かにそうです。しかし、うまく言えませんが、少し釈然としない思いも去来します。理屈はそれなりに通っているし、説得力もあります。ただ、「私たちの給料はお客様からいただいています」というのはどこか道徳的な響きもあり、否定すること自体がどことなく躊躇されます。

でも本当に納得できるでしょうか? 腹の底からコミットできるでしょうか?私はあまりできません。

自分の給料はお客様から来ていて、お客様に日々感謝し、お客様本位で考えて活動するというのは、正論だし美しいと思います。しかし、私の仕事人生を振り返ってリアルにイメージすると、自分を評価するのは上司だし、給与制度を運用しているのは人事部でした。

そう考えると現実的には、残念ながら(といってよいのか)私たちの関心の多くの部分は、上司の目にかなうか否かということにあります。そして、上司(会社)の意向とお客様の利害はつねに一致しているわけではありません(たとえば値付けひとつとっても、お客様はできるだけ安く買いたいと思い、会社はできるだけ高く売りたいと思います)。

その結果として、われわれの現実の関心は上司にあり、そして意識は自然と内向きになります。これはある種、合理的必然です。性善説とか性悪説などという以前に、それがリアリティというものだと思います。

今回はそのあたりのリアリティについて、いくつかよくある建前(誤解)と本音(リアリティ)について、考えていきたいと思います。

テーマを絞らないと散漫になるので、今回は特に「おカネの使い方(予算や費用の使い方)」における、誤解とリアリティの部分に絞ります(やはりお金の使い方というのは、個人であり組織であり、最もセンシティブに本音が出るところです)。

次ページコスト削減で貧乏くさくなってはダメ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
経済の新常識<br>日本の今を「総括検証」!

追加緩和発動!風雲急を告げる日本経済を緊急解説する。景気、為替、経済対策などを賢人たちが徹底講義。加えて、「今」を読み解くための経済学の歴史、経済統計の見方も説明。

  • 新刊
  • ランキング