スズキ、4~6月期の営業利益は7.2%増

インド・欧州で四輪車販売が拡大

 8月3日、スズキが発表した2016年4―6月期の連結決算によると、営業利益は前年同期比7.2%増の592億円だった。写真はスズキのロゴ、都内で2015年11月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[東京 3日 ロイター] - スズキ<7269.T>が3日発表した2016年4―6月期の連結決算によると、営業利益は前年同期比7.2%増の592億円だった。

インドや欧州で利益率の高い四輪車販売が増えて車種構成が改善した。17年3月期通期の連結業績予想は従来のまま据え置いた。

トムソン・ロイターのスターマイン調査によると、アナリスト10人の4―6月期営業利益の予測平均値は467億円で、実績はこれを上回った。4―6月期の営業利益に対し、為替の影響が194億円圧迫したが、売り上げ増加や車種構成改善などで300億円押し上げた。

4―6月期の世界販売は同1.8%減の67万5000台だった。主力市場のインドで5.4%、欧州で16.6%伸びたが、国内が2.9%落ち込んだ。新車効果で登録車は8割増だったが、軽自動車税増税が響いた軽自動車が11.9%減となった。中国やインドネシアでも減少した。

通期の営業利益は前期比7.8%減の1800億円となる見通し。欧州やインドなどで四輪車の販売増加を計画するが、為替の円高の影響で減益を見込む。通期の想定為替レートも期初予想から変えない。通期での四輪の世界販売計画295万6000台も従来予想を維持する。

 

(白木真紀)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。