17歳高校生が二枚貝研究で定説に一石投じる

国際学会最優秀賞の偉業

国際学会ポスター発表で、最優秀賞となった研究内容を載せたポスターを手にする吉村太郎さん=25日、福井市

福井大附属中出身の高校3年生、吉村太郎さん(17)=横浜市=が、マレーシアで開かれた国際軟体動物学会のポスター発表で最優秀賞を受賞した。二枚貝の1種「エゾキンチャクガイ」の研究で、雌雄の殻の形状に差異が認められたことを報告。二枚貝の殻は雌雄で違いがない、との定説に一石を投じる内容が高く評価された。外国の専門誌への論文寄稿も提案され、「研究を進め論文化したい」と意気込んでいる。

同学会は貝類など軟体動物の研究者が集い、3年に1回開かれる。ポスター発表は7月20、21日に現地のホテルで行われ、吉村さんが全文英語で説明した研究を含め88件の成果が紹介された。吉村さんは現地を訪れ直接、各国の研究者らに解説した。

二枚貝の雄と雌には違いがないと信じられてきた

研究では、エゾキンチャクガイの雄雌計約130個を生息地の北海道から取り寄せ、殻の膨らみなどを計測。この結果、雄は雌より殻に厚みがあり、雌は雄より殻の膨らみが大きい傾向を確認した。

形状の違いができた要因を「精巣よりも卵巣が大きいからではないか」と考察した。雌は卵巣を成長させるのにエネルギーを使うため、殻は薄いまま。「卵巣のための広いスペースを取ろうと膨らみが大きくなる」と指摘する。これに対して雄は「雌に比べてエネルギーを殻の成長に回せる」。外敵の攻撃に耐える強固な厚い殻を作る、と結論付けた。

発表者のほとんどは大学生や大学教員。高校生と分かると「信じられない」と驚かれたと同時に、着眼点や内容のユニークさ、成果を導いた意欲が評価された。

研究をアドバイスした東京大の佐々木猛智准教授(47)=貝類学=は、研究者の間で「二枚貝の雄と雌には違いがないと信じられてきた」と指摘。「常識にとらわれない姿勢が素晴らしい。エゾキンチャクガイと同じ系統の二枚貝の研究にも役立つのでは」と評価している。

小学生のころから貝殻の収集が趣味だった吉村さんは、日本古生物学会で貝の化石に関する研究を発表するなど、貝類の生態を追究してきた。福井大附属中を卒業後、慶応高(横浜市)に進学してからも研究を続けており、日常的な観察を通じ二枚貝にも性差の違いがあると推察した。自身の考えを裏付ける結果が出たとき、「発表したら、良い評価が得られるのではないか」と手応えは感じていたという。

ポスター発表時、軟体動物専門誌の編集長を務めるオックスフォード大名誉教授から「論文を(専門誌に)載せないか」と声を掛けられたという。吉村さんは「大きな成果が残せた」と喜んでいる。

福井新聞の関連記事
女子高生がきれいに割れる箸開発

奈良か福井か、最後のニホンオオカミ
顔検出防ぐ眼鏡量産化、受注開始

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。