つらい不妊治療の「やめどき」を考える

6組に1組の夫婦が経験

治療をやめる決断を迫られたとき、あなたならどうしますか?(写真:TuelekZa / PIXTA)

今や不妊治療を経験する夫婦は6組に1組。だが、誰もが授かるわけではない。

治療をやめる決断を迫られたとき、あなたならどうしますか。

すらりとした体形と、鼻筋の通った柔らかい笑顔で人気を集めた元女子バレーボール日本代表の益子直美さん(50)。現役引退後はタレントとして活躍してきた。そんな益子さんが、12歳年下の自転車レーサーの夫と結婚したのは、40歳のとき。

「常に健康に気を使い、身体を鍛えてきた。赤ちゃんは自然にできるだろう、という変な自信がありました」

だが、なかなか妊娠せず42歳で病院に。すぐに体外受精を始めたが、全身麻酔で臨んだ最初の採卵の結果は、3個。厳しい現実を突きつけられた。体外受精1回あたりの費用は、約30万~60万円と高額だ。貯蓄はあったが、夫は益子さんの体調を何より心配したという。

何げない言葉に傷つく

「45歳までにしよう」

夫婦の中で自然とゴールが決まった。それからは、仕事を減らし、お酒も控え、排卵日には、夫が遠征している長野県内のホテルまで車で駆けつけた。

「あの3年間は、本当に時間がたつのが早かった。1カ月に一度の排卵を引き留めたい一心でした。日が暮れることも朝が来ることも怖かった」(益子さん)

友人たちの「不妊治療やめたら、できるんじゃない?」という何げない言葉に傷ついた。「この年齢でやめても、できるわけないじゃない」と心の中で叫び、次第に誰とも会わなくなった。精神的な余裕を少しずつ失っていくのが、自分でもわかったという。結局、採卵した卵子が育たず、一度も子宮に戻せないまま、45歳になり治療を終えた。

次ページ6組に1組が不妊治療や検査を受けている
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
50歳から考える<br>定年後の仕事選び

健康なら80歳まで働ける時代。60歳の定年からでも20年、50代で転身したら30年近くある。発想を変えれば、あなたの人生は変わる。生涯現役で働きたい人に役立つ情報が満載。