著名人に仕事を依頼して「OK」と言わせる極意

相手をその気にさせる企画書は何が違うのか

仕事を依頼するときに、メールではなく手紙を書くというのも一つの手だ(写真:KY/PIXTA)
累計40万部のベストセラー本『プロ論』の編集者であり、『出世ドリル』『一流理論』などの著者で知られる高嶋ちほ子が、「超多忙な著名人に仕事を依頼する方法」を伝授します。

 

先日、大手企業のビジネスパーソンである知人から、こんな相談がありました。「講演会のセッティングを担当しているのだが、著名人に依頼してもなかなか受けてもらえない」というものです。

講演会は社内の幹部候補向けに定期的に開催されるものだとか。人気ベンチャー企業の社長やオピニオンリーダーとして活躍している著名人に依頼するも、なぜか断られてしまう。その理由はほとんどが「多忙のため」。いわば断りの常套句です。ヒマな著名人などいるはずがなく、言葉の真意は「忙しい合間をぬって時間を捻出するほど、案件に魅力がない」ということです。

ためしにどんな人に依頼しているのか名前を聞いてみると、過去に私が取材したことのある方がほとんどでした。みなさんとても真摯な方で、話が分からない人だとは思えません。きちんと趣旨が伝わっていれば出ていただけそうです。むしろ、日本の将来を担う大手企業の幹部候補とじかに接することは、インプットの機会としても貴重なものと考えるはず。ではなぜ、彼の話が伝わらなかったのでしょう。それは、送った企画書に重大な落ち度があったからなんです。

「格」があることを伝えられているか

以前、知人の編集者が有名作家の方に取材依頼をしたときのこと。「取材謝礼は2万円で」と言ったら、「謝礼はいらないから、シャンパン2本持ってきて」と返されたそうです。どういうことでしょう。「安い取材謝礼は受け取らない」という意味です。こう言われて「シャンパン2本のほうが安くすんだ」なんて喜ぶようでは、一流の人と太いパイプは築けません。

一流の人に仕事をお願いする際、はじめに頭に叩き込んでおきたいことは、一流の人は「格」を気にするということです。それは、苦労して築き上げた「ブランド」を傷つけられたくないからです。

もちろん大手企業の社員だって「格」は気にするでしょう。しかし、会社名を言うだけで「格」や「ブランド」が勝手についてくる大手社員と違って、ベンチャー企業の社長やフリーランスの著名人は油断するととんでもない目に合います。

次ページ一流の人が気にする「並び」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。