商店街はまだ復活できる?巻き込むべきは誰か

商学連携の可能性、「柔らかいマネジメント」

ビジネスマンたちのアクションリサーチ

著者:水越康介(経営学者、首都大学東京准教授) 撮影:今井康一

私の所属する首都大学東京ビジネススクールでは、公共経営アクションリサーチという授業を毎年開講している。2010年度は水ビジネスの可能性、2011年度は復興のマネジメントをテーマにしてきたのだが、今年度は北九州エリアの産業・商業集積をテーマに掲げた。

アクションリサーチということで、教室で話を聞いてディスカッションするだけではなく、実際に現地に赴いてヒアリングや実地調査を行い、当事者の目線に立って課題を問うていく。

ビジネスの第一線で活躍している方々が学びに来る場だから、アクションリサーチの負担は正直言って相当に大きい。それでも、得るものも多いようで、毎年ずいぶん盛り上がって、各チーム真剣に資料を集めてレポートを書き上げている。

北九州エリアの研究に際して、あるチームが取り上げたのが、商店街の活性化だった。北九州には、小倉の銀天街や旦過市場といったよく知られた商店街がある。調査の当日はちょうどB‐1グランプリが開かれていて、とても賑わっていた。

次ページこの北九州の商店街に未来はあるのか?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。