「子なし女性」を狙えない広告主の複雑心理

購買力は子持ち女性よりずっと高い

「子なし」女性の潜在市場は大きいが、アピールするのは容易ではないようだ(写真:Rawpixel/PIXTA)

父親が2人いるとか祖父母が孫を育てるといった、新しい家族の形を広告主は受け入れている。それでも、疎外されていると感じている人たちがいる。

子どもを持たない女性たちだ。彼女たちは自らを「チャイルド・フリー」「ノットマム(Not Mom)」などと呼ぶ。

15~44歳女性の約半数が「子なし」

米政府の統計によると、1976年に調査を始めて以来、子どもを持たない女性がいま最も増えている。2014年のデータでは、15~44歳の女性の半数に近い47.6%が子どもを持たず、2012年の46.5%から上昇した。40~44歳に限るとその割合は15.3%だ。子どもを持たない女性の数は世界的にも増加傾向にある。

このように統計で表れているにもかかわらず、「マーケティングの大半は、成人女性のすべてが母親か、母親になりたがっているかのように彼女たちにアピールする」と、PR会社エムブースのチーフクリエイティブオフィサー、アドリアンナ・ベビラクアは言う。

子どもを持たないが子どもが好きな女性に向けたビジネスを手掛けてきたメラニー・ノットキンは、「SavvyAuntie(デキるおばさん)」というウェブサイトを創業した。「PANK(Professional Aunt, No Kids、子どもを持たないキャリアおばさん)」という造語の生みの親でもある。ノットキンにしてみれば、企業は常に利益をもたらす消費者をターゲットにしたがっているのにもかかわらず、なぜこのグループを無視しているのか不思議でならない。

子どもを持たない女性は「対象から外されている」と、ノットキンは言う。「広告主はこうした女性たちにアピールする術を知らない」

次ページ「子なし」女性にアピールする難しさ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。