生活が大きく変わる 海外ツアー本格参戦

晴れた冬の空はすっきり澄んで、街の景色や富士山も新鮮に映ります。さて、今年は新たに米国ツアーに参戦する日本人選手がいます。石川遼さん、有村千恵さん、上原彩子さんです。すでに活躍している宮里藍さん、上田桃子さん、宮里美香さんも含め日本人選手の活躍が待ち遠しいです。

海外ツアーに本格参戦となると、ツアー生活と日常生活ががらりと変化します。まずツアー生活。各国のツアーごとに仕組みが違うので、選手に対する試合の規則や決め事が変わります。試合日数も女子の場合、日本では3日間の試合が75%を占めますが、米国では4日間の試合が82%になります。また、日本なら毎週自宅に帰れますが、米国は3~5週間連戦するので家に戻れません。その分試合先で過ごす時間が多くなり、練習日やプロアマ大会の方法が違い、サマータイムがあるので試合のスタート時間帯の取り方が日本より長くなります。その分出場人数も多いです。

さらに、国土が広いので移動距離が長い。ほとんどの試合に飛行機とレンタカーで移動します。国内時差があるので、体内時計の調整も必要です。さらなる体力強化と国内時差を克服し、いいプレーを続けるためのスケジュール管理もシビアな問題として迫ってきます。ゴルフ場も国土が広い分、日本より多様性に富んでいます。芝質も違うので、その芝に合った打ち方をショットからパターまで習得しなければなりません。

そのうえ、米国ツアーは男女とも世界一競争の激しいツアー、これまでに経験のない厳しい競争にさらされます。同じゴルフをするのに、新しいツアーのパターンに慣れ、自分のものにしていかなければなりません。ですから行ってすぐは、たまに海外の試合に出ていた頃には気にも留めなかった、諸々の違いを深刻に感じてしまいます。

ゴルフだけでもこんなにやることが増えるのに、日常生活そのものも激変します。それは住む環境であり、言葉であり、文化です。住む家の環境は大事ですし、言葉が通じないと自由に行動できないうえに、気晴らしもままなりません。数週間の遠征ならあまり必要性を感じなかったツアー仲間との交流は、自分が気持ちよく過ごし、実力を発揮するために欠かせないことです。またいろんな情報を知ることで、身の安全を図れます。そして、住む国の文化を理解することもとても重要です。どうしてこういう言葉の使い方なのか、こういうことをしてはいけないのか、などを知れば生活の知恵になるし、より相手を理解できます。

これは日本ツアーにいる外国人選手にも同じことがいえます。海外ツアーに本格参戦するということは、単にゴルフを海外でプレーするということではなく、生活そのものが大きく変化することであり、それに伴いさまざまな対応力が試されます。それぞれのやり方で前に進み、海外での活躍を大いに期待しています。 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
マツダ<br>理想への遠き道のり

広島東洋カープのリーグ優勝の陰で国内販売が急失速したマツダ。エンジンやデザインにこだわり、商品力を高め、2015年度の世界販売は過去最高を記録。勝ち組に何があったのか?

  • 新刊
  • ランキング