質素な屋台がミシュラン「一つ星」の快挙

シンガポールの屋台村の2店が星を獲得

 7月22日、レストランの評価を星の数で格付けする「ミシュランガイド」のシンガポール版が21日発表され、屋台村にある2軒の質素な食堂が一つ星を獲得する快挙を成し遂げた。写真は22日撮影の香港油鶏飯麺(2016年 ロイター/Edgar Su)

[22日 ロイター] - レストランの評価を星の数で格付けする「ミシュランガイド」のシンガポール版が21日発表され、屋台村にある2軒の質素な食堂が一つ星を獲得する快挙を成し遂げた。フランスのタイヤメーカー、ミシュランが発行する世界各国のミシュランガイドで、屋台が「星」を獲得するのは初めて。

一つ星を獲得したのは「香港油鶏飯麺(Hong Kong Soya Sauce Chicken Rice and Noodle)」と「吊橋頭大華猪肉麺(Hill Street Tai Hwa Pork Noodle)」。発表の翌日には、舌の肥えた批評家が認めた味を体験しようと、店の前に長蛇の列ができた。

香港油鶏飯麺のオーナーであるチャン・ホン・メンさんは、押し寄せた客のために手早く調理しながら、「高い評価を受けたことを光栄に思う。屋台の食べ物が世界に広まるなんて、とても興奮している」と述べた。また、屋台の後継者不足の解消につながれば、との期待を示した。

ミシュランガイドの評価対象となったのは、東南アジアではシンガポールが初めて。アジアでは4カ国目となる。同国には人気の高い多国籍フードを販売する100カ所以上の「ホーカー」と呼ばれる屋台村や、6000軒の食堂がある。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。