住友生命が主力商品の保険料を値下げへ

4月の予定利率引き下げ時に攻勢狙う

住友生命保険は4月2日以降に新たに契約する保険商品の一部について、保険料を値下げすると発表した。20~30代の若年層などを主な対象に、主力商品の保険料を引き下げるのが柱となる。4月2日以降の保険料の算定根拠となる予定利率の改定方針を2月12日付けで発表した際に明らかにした。

予定利率は保険会社が商品設計の際に用いる運用利回りのことで、予定利率が下がると保険料は上がるケースが多い。だが、今回、住友生命は主力商品である「Wステージ」(5年ごと利差配当付き新終身保険)や「ライブワン」(最低保証利率付き3年ごと利率変動型積立保険)に4月2日以降に新たに加入する場合に、保険料が従来より安いケースを設定する。

終身保険部分が多いと値上げも

最主力商品のWステージでは、たとえば契約年齢が30歳の男性で一定金額の医療や介護保障の特約を付けるなどの条件を満たした場合に、保険料を従来より値下げする。ライブワンに一定の条件で30歳の女性が加入した場合にも値下げとなる。一方で、保険契約に占める終身保険部分が多い場合には値上げになる。

住友生命では「介護や医療保障に関する支払い実績が想定より低く推移していることを踏まえて値下げの原資にした。新規契約者の約5割強で保険料が下がる」としている。

Wステージの2012年度上期の新契約件数は約13万件、ライブワンは6万件強。住友生命ではこれら2つの商品で、個人保険の年間新契約件数の4割以上を占めている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。