ポケモンGOはアップルに巨額収入をもたらす

今後1~2年で30億ドルの収入になると予想

7月20日、「ポケモンGO」の流行で、米アップルが向こう1━2年間に30億ドルの収入を得ると、証券会社のニーダム&カンパニーが予想した。ロシアのクラスノヤルスで撮影(2016年 ロイター/ILYA NAYMUSHIN)

[20日 ロイター] - スマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」の流行で、米アップル<AAPL.O>が向こう1━2年間に30億ドル(約3200億円)の収入を得ると、証券会社のニーダム&カンパニーが予想した。

ポケモンGOのダウンロードは無料で、「ポケコイン」を使って追加機能を購入することもできる。アップルのアプリサイト「アップストア」での販売価格は、100ポケコインが0.99ドル、1万4500ポケコインは99.99ドルとなっている。

ニーダムのアナリストは顧客向けメモで、基本ソフト(OS)「iOS」搭載機器から得られたポケモンGO関連の売り上げのうち、アップルが30%を獲得、収益が上振れる可能性があるとの見方を示した。

アナリストによると、課金ユーザー数が全ユーザーに占める割合は、キング・デジタルのヒット作「キャンディ・クラッシュ」の10倍に上るという。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
コールセンターの流転<br>採用難、地方撤退、AIで消滅?

沖縄で不人気職種1位はコールセンター業務。離職率が高い。センターの最大集積地は沖縄から、北海道へ。次をうかがうのが福岡。採用難の解消へAI活用が進む現状をリポート。