スタンダールに学ぶ、出版の伝統と変容

「安ければいいというものでもない」というわけでもない??

スタンダールも「自作自演」していた!?

小説家のスタンダールは、ドン・グルフォット・パペラというイタリア人名義に隠れて、ちゃっかりと自作『赤と黒』について、自分で書評を書いています(もちろん思い切り絶賛しています)。

その中では19世紀前半当時のフランスの出版事情が詳しく描かれていてこれが興味深い。

当時も娯楽小説の市場がしっかりと成立していた。むしろ「女中向け」と呼ばれた娯楽分野のほうが市場規模が大きく、パリでは知られていなくとも地方では有名な作家がたくさんいたといいます。何か、かつてケータイ小説が地方の書店チェーンを中心に売れていた状況を、彷彿させる話です。

判型は、「サロン向け」のハイブラウな小説が現在のA5判くらい。それに対して娯楽小説はB6判となり、これはちょうど現代の青年漫画単行本のサイズに当たります。

娯楽小説は簡素だが、安くて買いやすい判型で出ていた訳ですね。

次ページ娯楽小説は、女性のもの??
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。