はあちゅう流「存分に寝ても損しない」生き方

「ギリギリの睡眠生活」から抜け出たきっかけ

多忙な彼女はどう自分の夢を実現させてきたのでしょうか

慶應大学在学中に“カリスマ女子大生ブロガー”として大きな注目を集めたはあちゅうさん。当時、女子大生2人で「クリスマスまでに彼氏をつくる」をテーマに立ち上げた期間限定ブログは1日に47万PVを集め、のちに書籍化もされるヒットに。また、企業スポンサーを募ってタダで世界一周旅行を敢行するプロジェクトも大きな話題を呼びました。

現在はブログで情報発信をしながら、作家活動を行い、会員限定のオンラインサロンも主宰するなど多方面で活躍中。そんな多忙な彼女はどのようにして1日のスケジュールをやりくりし、自分の夢を実現させてきたのか……。 その秘訣は自身の“睡眠管理”にあったのです。

「寝ないこと」がかっこいいと思っていた時代

当記事はFuminnersの提供記事です

2008年、女子大生だった頃に協賛スポンサーを得て世界一周旅行を実現したはあちゅうさん。彼女は70日間で世界14カ国を周りました。しかし、そのバックパッカーの旅は想像以上に過酷だったそう。

「砂漠の中のベッドや石のように硬いベッド、何で濡れているかわからないびしょびしょのベッドで寝たこともありました。移動中の睡眠も多かったんですが、絶え間なく揺れ続けているバスの中では寝ようと思っても眠れないんです。とにかく睡眠環境は悪かったですね」

インドでは電車の中で食中毒になってしまい「私、なんでこんなことしているんだろう」と旅に出たことすら後悔したのだとか。そんな苦しさの中、頭に思い浮かんだのは、“自宅のふかふかのベッド”だったといいます。

「わざわざ旅に出なければ今ごろあのベッドで寝ていたのにって、ホームシックになりました。高級なホテルなら柔らかいベッドにありつけるんですけど、バックパッカーの旅ではそんな贅沢はできなかったんです。だから、旅行を終えて自宅の柔らかいベッドに入った瞬間、すごく幸せを感じましたね(笑)」

そんなふうに、“安心して眠れることの幸せ”を実感したはあちゅうさん。しかし当時は、「寝ないことがカッコいいと思っていた」とのこと。憧れの先輩が3、4時間しか寝ないショートスリーパーで、自分も見習おうと頑張っていたそうです。ところが……

次ページ社会人1年目、あまりにも昼間の眠気がひどく…
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。