衝撃!「寝すぎ」も「寝不足」も認知症を招く

いつの間にか脳容量が「小さく」なり…

睡眠の質と脳は、密接に関係しています(写真:わたなべ りょう / PIXTA)

睡眠に問題を抱えていると心身にさまざまな悪影響を及ぼすことは広く知られていますが、近年、「睡眠の質が悪い状態が続くと、脳が萎縮する」という驚くべき研究が発表されたのをご存知でしょうか?

なんと、睡眠時間が適切でなかったり、質が悪かったりすると、認知症やアルツハイマー病のきっかけになる恐れもあるのだそう……。

「寝すぎ」も「寝不足」も要注意! 脳が小さくなり…

当記事はFuminners(運営:帝人、インフォバーン)の提供記事です

そんな睡眠と脳の関係が注目を集めるきっかけとなったのは、カナダで行われた米神経アカデミー第68回年次学会で発表された、「睡眠時間の長さと日中の眠気が、脳の萎縮と関連する」というアメリカのコロンビア大学研究チームによる研究。

その研究内容とは、疫学研究「ワシントン・ハイツインウッド・コミュニティ加齢プロジェクト(WHICAP)」のコミュニティから65歳以上の高齢者501人を選出し、被験者の睡眠障害、いびき、息切れや頭痛をともなう睡眠などを調査するというもの。実験には、睡眠の質を評価する「12項目医療アウトカム研究睡眠スケール」を用いると同時に、MRIで被験者の脳容量を測定するという方法で行われました。

実験結果によると、夜に睡眠を長時間とった人ほど、記憶や空間認知にかかわる脳内の「左嗅内皮質」が萎縮し、さらに日中の眠気が増えると、長期的な記憶を司る「大脳皮質」および、神経細胞が密集する「灰白質」も減ることがわかりました。この「大脳皮質」は知覚や思考システムにも深く関係していて、「認知症にいたる過程で侵されやすい領域」と言われています。

「つい寝すぎてしまう」人や、寝不足で「いつも眠い」という人は、気づかぬうちに脳が小さくなっているかもしれないのです。

次ページ年齢別、「最適な睡眠時間」の目安は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。