5人に1人が…「子どもの便秘」にどう対処する

大人の気づきにくい「偏食」や「ストレス」が

便秘になる子どもが増えていることを知っていますか?(写真 :しげぱぱ / PIXTA)

今、子どもでも便秘が増えているのをご存知ですか? NPO法人日本トイレ研究所の調査によると、小学生のなんと「5人に1人」が便秘なんだとか。

便秘が重症化して専門の医療機関を受診する子どもも増えています。そんなことにならないように、今回は「子どもの便秘を防ぐ方法」をご紹介したいと思います。

「ゆとりのない生活」のストレスには気をつけて!

当記事はIt Mama(運営:INCLUSIVE)の提供記事です

子どもの便秘の原因にはいろいろなものがあると言われています。主に、食事(偏食や好き嫌い)によるものや、運動不足によるもの、また精神的な原因などが考えられます。

精神的な要因としては、習い事などで子ども自身が忙しかったり、両親が共働きで常に急かされてゆとりのない生活をしていると、ストレスから排便が妨げられたり、排便の機会が得られなくなってしまうことがあるようです。

また、幼児期ではトイレがうまくできなくて怒られたりすると排便を我慢するようになって、それにより便が硬くなり、便秘につながる場合もあります。子どもが安心して排便できるような雰囲気をつくってあげることが大切です。

次ページ特に気をつけたいのは「朝食」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。