資産運用特集

新規顧客のほぼ100%が
電話営業ではなく、"紹介"?!

グランヴァンがお客様から支持されるワケ

不動産投資でも
“勝ち組”と”負け組”が鮮明に

グランヴァン株式会社
代表取締役
松平博雄

「お客様の未来の幸せづくり」を第一に、不動産運用から保険の見直し、家計相談まで「課題解決企業」としてあらゆる資産運用をサポートしてきたグランヴァン。なかでも不動産投資に関する問い合わせはここ数年で急増していると同社代表取締役の松平博雄氏は語る。「公的年金制度の崩壊や増税、物価上昇などさまざまな経済不安要素が取り上げられるなか、長期間に渡って安定的な収益を上げることができる不動産投資の需要が高まっています」。2020年に向けて都心を中心とした地価はいまだ上昇傾向。加えて政府日銀のマイナス金利政策により住宅ローンの金利が過去最低水準なのも不動産投資に追い風だという。「日本は少子高齢化の真っただ中にあり、地方では空き屋問題が顕在化しています。しかし都内に目を向けると都市化に向けた再開発やオリンピック誘致により、海外の投資家も含め今なお需要は高止まりを続けている。こうした二極化は今後も進むことが予想され、不動産投資でも『勝ち組』と『負け組』がより鮮明となってくる。グランヴァンでは『勝ち組』の物件、すなわち東京23区内で今後も資産価値の上昇が見込める優良物件をお客さまに提供しています」(松平氏)。

入居者、オーナーへの
充実したサービスが魅力

不動産投資を行う上で最も大切なのは入居率。物件を賃貸に出してもそこに暮らす入居者がいなければ家賃収入を得ることができないからだ。そこでグランヴァンではマンションの開発・仕入から販売・管理までを一括して手掛けることで魅力的な物件を提供することに加え、入居者の満足度を高めるためさまざまなサービスを用意する。例えば「グランヴァンクラブオフ」は宿泊施設やテーマパーク、映画館など20万カ所以上を最大90%オフで利用することができる会員制の優待サービス。他にも入居中のトラブルをサポートする「GV support24」などにより快適な暮らしを支援することで、98.31%(2016年4月末)という高い入居率を実現している。また万が一入居者が埋まらない場合も業界トップクラスである95%の家賃保証システムがあるため安心だ。

グランヴァン株式会社
常務取締役
太田 勝

不動産投資には突発的なトラブルがつきもの。これから始めようと考えている方の中にも、そうした事態に不安を感じている方は多いのではないだろうか。そこでグランヴァンではアフターサービスに力を入れることで、安心したマンション経営をサポートする。「マンションオーナーに向けた取り組みとして、1カ月に1度の頻度でお伺いしてお話を聞くことで、オーナー様の不安や悩み事を払しょくしています。またオーナー懇親会や長期保有者キャンペーンなど他にもさまざまな形でオーナーの皆さまをサポートする取り組みを行っています」(常務取締役 太田 勝氏)。

松平氏はグランヴァンのこうしたサービスを「酒屋の御用聞き」に例える。「同業他社の多くは電話営業が中心で、物件を売ったら終わりの業者がほとんどです。しかし私たちは日頃からお客さまと顔を合わせてお話を聞くことで、心配事や困りごとをフォローしていくスタイル。お客さまからの相談へすぐに応えられるように、宅地建物取引士などの資格取得も社内で奨励しており、その保有者数は6割と業界でもトップクラス。こうした専門家が直接出向いてサポートすることで、オーナーの皆さんには安心してマンション経営に取り組むことができる環境を整備しています」(松平氏)。

顧客志向の姿勢が
高いリピート率を生む

こうした顧客志向の姿勢が評価され、いまやグランヴァンの新規顧客のほぼ100%は既存の顧客からの紹介が占める。またすでに物件を所有しているオーナーから追加の注文を受けることも多いという。「すでにグランヴァンでマンション経営を行い成功しているオーナーからの紹介だから、安心して不動産投資を始められたという声はよく耳にします」(太田氏)。あるオーナーはグランヴァンでマンション経営を行っていたため、働き手の夫が亡くなってからも家賃収入の20万円で子育てにも不自由することなく暮らすことができた。そうして成人した息子はいま、グランヴァンの一員として自分が経験したようにお客さまの幸せ作りに奔走している。顧客の子どもが感銘を受けて入社するほどに、グランヴァンの顧客志向は本物なのだ。

人を大切にすると言う点では社員定着率の高さも見逃せない。離職率の高い不動産業界の中でグランヴァンは驚異的な社員定着率を誇り、一度会社を離れてから出戻りする社員も多い。新たに入社する社員も紹介による者が大半だという。社員が会社に愛着を持ち同じ職場に居続けるため、オーナーに対して継続したサポートができるのも同社の強みなのだ。

グランヴァンは不動産投資の新たな物件として、今後の資産価値向上が見込まれる人気エリアの赤坂と駒沢でマンションの販売を控える。未来の幸せづくりのパートナーとして、グランヴァンであなたも不動産投資を始めてみてはいかがだろうか。