グリー、ゾゾタウンの正念場

有力ネット企業トップが語った「強気」と「弱気」(下)

ソーシャルゲームのコンプガチャ問題や、スマホ向け無料通話・メールアプリ「LINE」の台頭など、めまぐるしく情勢が変わるインターネット業界。その動向を深く知ることができるイベントが「Infinity Ventures Summit(IVS)」だ。本稿では、昨年末に行われたイベント内容を2回に渡りレポートする。(第1回はこちら

今回、注目を集めたもう一つのテーマが、「挑戦する経営」。ネット広告代理大手、セプテーニ・ホールディングスの佐藤光紀社長がモデレーターを務め、GMOインターネットの熊谷正寿社長、グリー田中良和社長、スタートトゥデイ前澤友作社長(=タイトル下写真=)、ヤフー川邊健太郎副社長兼最高執行責任者がモデレーターとして登壇した。

田中氏、前澤氏が反省の弁

「昨年5月のコンプガチャ問題以降、変わったことは何か」。冒頭、セプテーニ・ホールディングスの佐藤社長がグリーの田中社長に対し、問い掛けた。

「2012年の1年間は自分の人生の中でも勉強になった。インターネット業界の中のグリーなのか、日本の中のグリーなのかということを自分なりに感じ、その点ではヤフーや楽天と違うところがあったと痛感した」。田中社長はこう語った。

「具体的に田中社長の行動がどう変わったのか?」という佐藤社長の質問に対しては、「興味関心の範囲を広げるため、ネット業界以外の人にも積極的に会うようにしている」(田中社長)と答えた。

しかし、今年の初めに発覚したグリーの未成年に対する超過課金問題は、問題の発覚から公表まで3カ月間空いており、外部からの指摘を受けようやく公表に踏み切った。イベント時点では、すでに社内で問題が把握されていた(関連記事はこちら)。果たしてグリーは、日本の企業としての意識を持つことができるのか。

次ページ「ゾゾタウン」をめぐる騒動
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
リクルート<br>覚悟の海外展開

リクルートの海外事業が絶好調だ。海外の人材派遣事業を買収し、急成長している。目標は2020年までに人材事業で世界一。海外事業をゼロから育てた2人のキーマンに迫る。