若手と話が通じない原因は、ズバリあなた!

「世代間ギャップ」って、言い訳じゃ?

「世代間ギャップ」に悩んでいるという先輩社員の声を、よく耳にするようになりました。たとえば、商社に勤務するDさん(32歳)が若手社員に仕事を頼もうと指示を出したところ、

「何をおっしゃっているのか、よくわかりません。僕は理解力が低いので、簡単に説明をお願いできますか?」

と、まるで戦いを挑むような返事が返ってきました。

Dさんはかなりカチンときたようですが、ぐっと耐え、丁寧かつ簡単な言葉に置き換えて指示を出したとのこと。2人のコミュニケーションには、かなりのズレがあったのでしょう。

そう、最近の世代間ギャップは、コミュニケーションの面での問題が大きくなっている気がしてなりません。聴いている音楽が違うとか、食が細い気がしたりすると、

「最近の若者は、車離れが激しくて困るよね~。もっと、遊び心がないとダメダメ!」

と、価値観の変化を指摘する人もいますが、そんなことはいつの時代にもあったこと。それより、お互いの対話上のズレの大きさに注目してみてください。さっそく、若手社員の主張に耳を傾けてみましょう。すると……。

「先輩社員の指示があいまいでわかりにくい」
 「何をしたらいいのかわからない指示に、戸惑う毎日です」

と、先輩社員の指示自体がダメだと主張する声があふれています。それはなぜか? 実は若手の言うとおり、先輩社員の指示が、具体的になっていないのです。

ここで、あなたにそのことに気づいていただけるケースを紹介しましょう。たとえば、あなたが若手社員に、

「火の用心をしてほしい」

と言ったとしましょう。

次ページどのくらい噛み砕けばいい?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
J.フロントの財務改革<br>「店舗BS」の威力

「店舗BS(バランスシート)」を導入し、傘下の大丸、松坂屋で改革を進めるJ.フロント。不動産事業強化で「脱百貨店経営」に突き進む。山本社長は「大転換期。資産効率を高める」と語る。