金融のプロとして食える英語力とは?

【キャリア相談 Vol.5】

何かにつけ不確実性の高い現代。一生安泰の仕事も、未来永劫つぶれない企業も存在しない。自分の仕事に明日があるのか――それをつねに考えておかないといけない時代だ。 この連載では、悩めるビジネスパーソンからのキャリア相談を募集。外資系金融、コンサル、ライブドア、企業再生コンサルなどを渡り歩き、数多くの業界やスタートアップに精通する塩野誠・経営共創基盤(IGPI)パートナーに、実践的なアドバイスをしてもらう。

【Vol.5】どれだけ英語力があれば、金融のプロとして食えますか?
 はじめまして。大手金融機関に勤める30代前半の者です。本日は塩野さんに、英語についてお伺いしたく、相談のメールをお送りしました。
 日本の大手金融機関も、国内の事業が低迷する中、アジアなど海外業務を拡大しています。私の同期でもアジアなど海外に赴任する者は多く、私も数年以内に、東南アジアに赴任する見込みです。
 今も、英語で仕事をする機会はたまにあります。金融にかかわる話であれば、電話の対応を除けばどうにかこなすことはできますが、日本語に比べ仕事の効率が半分以下に落ちてしまいます。しかも、海外支社では、幅広い業種を担当することになるため、金融分野の知識だけでは、うまく仕事をこなせないのではないかと危惧しております。
 将来は、現在の金融機関に勤め続けるにしろ、辞めるにしろ、海外プロジェクトファイナンスのプロとして、キャリアを築きたいと思っております。アジアを舞台にした金融マンとして、一流の人材となるには、どの程度の英語力が必要になりますでしょうか。どうすれば最も効率的に必要な英語力を身に付けることができますでしょうか? TOEICなどの筆記テストに取り組むのは、意味があるのでしょうか。
 塩野さんの率直なご意見を伺えれば幸いです。
(30代前半 大手金融機関勤務)

「英語が使える」とはどういうことか?

ご質問をありがとうございます。皆さま、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今回はプロジェクトファイナンスのプロを目指す金融分野の30代前半の方から届いた、英語力についてのご質問にお答えさせていただきます。

まずはビジネスにおいて「英語が使える」というのはどういう状態か定義しましょう。ビジネスですので、海外でも日本でも、使用言語が英語でも日本語でも、何らかの任務を遂行することが求められているはずです。

海外におけるプロジェクトファイナンスや、広くは法人投融資業務において求められる要素は、対象となる企業やプロジェクトを取り巻く事業環境を理解することから始まります。その中には、投融資対象の存在する国の政治・経済状況、法規制、商習慣、そしてキャッシュフローを生む対象企業や原資産の事業経済性の分析が含まれます。こうした分析を一通りしたうえで、資金提供、すなわち行内を含めリスクを取る側に魅力的な投資ハイライトとしてメッセージをつくり、案件に適したファイナンス・スキームの構築を行うこととなります。

もちろん、案件に対して関心を持つ機関投資家のモメンタム、金融市場の動向といった知見も必要となります。そして最も重要なことは、思惑やインセンティブが異なる資金調達側と行内や投資家と交渉・調整し、ファイナンス案件としてまとめ上げ、契約書に落とすことです。当然ながら、交渉も契約書のドキュメンテーションも英語で行うこととなり、交渉と契約内容においては、条件が10ベーシス違ってきても、案件が巨大であれば大きな差となってきます。

次ページ英語よりも知識に問題があることも
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。