テンプホールディングス

労働力不足はもはや国家的課題
一億総活躍社会へ向けて
PERSOLグループ、始動

テンプホールディングス

80社以上のグループ会社を抱え、総合人材サービスを提供しているテンプグループが、この7月に大きな転換点を迎えた。グループ名を「PERSOL(パーソル)」に一新し、「人と組織の成長創造インフラへ」という壮大なビジョン実現のための第一歩を踏み出したのだ。巨大グループの目指す先とは――。

DODAもanも
テンプグループの一員

グループの歴史は1973年に、篠原欣子氏(現テンプホールディングス名誉会長)が、事務処理サービス請負会社・テンプスタッフを創業したことに始まる。まだ「人材派遣」という言葉も、労働者派遣法もなかった時代である。以来40余年、同社は、柔軟な働き方を望む人々とその力を生かしたい企業の双方の支持を得て着実に成長してきた。

加えて、ここ数年で見れば、M&A(合併・買収)によるサービス拡充に積極的に取り組んできたのも大きな特長だ。08年にはピープルスタッフ(現テンプスタッフ・中部営業本部)と経営統合し、共同持株会社テンプホールディングスを設立。13年には人材サービス大手のインテリジェンスホールディングスを買収した。

これらを含め、同社グループは現在、連結子会社82社(テンプホールディングス除く)、関連会社3社に広がり、従業員数(連結)は約3万8000人に達している(16年4月1日現在)。まさに日本を代表する総合人材サービスに育っている。

業績も好調だ。テンプホールディングスは増収増益を続け、この5年間で売り上げは2倍、EBITDAは3倍強にも及ぶ。16年3月期に続き、今期も連続で最高益更新を見込む。だが、テンプホールディングスの水田正道社長は解決する課題はまだあると言う。

「人材に対する需要が高まるとともに、M&Aのシナジー効果も出ています。ただ残念ながら、グループのブランドという観点で言えば、それぞれのサービスが個別に認知されているのが現状です」

「働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したい」
代表取締役社長 CEO
水田正道

事務系の派遣サービスにおいては、テンプスタッフは圧倒的な認知度を誇るが、たとえば、グループ内の日本テクシード(11年に買収し、エンジニアセグメントの中核会社)を利用する企業にとっては、同じグループとは認知されていない。求職者側でも同様の現象が起きている。インテリジェンスがテンプグループであることを知っている消費者はそう多くはない。転職支援サービス「DODA」やアルバイト求人情報サービス「an」のユーザーのほとんどは、同じグループであることを意識せずにそれぞれのサービスを利用している。

次ページ新しいブランド名は?
お問い合わせ
テンプホールディングス
 03-6385-6829
ウェブサイトはこちら