「高級スーツ」は、なぜここまで値が張るのか

今やCADシステムで微細な体型の特徴に対応

パーフェクトにフィットするスーツ、その作り方とは(写真:Tozzimr / PIXTA)

高級既製スーツの最高峰といえばブリオーニ、アットリーニ、キートンといったローマやナポリのメーカーである。これらのブランドは、1980年代に一世を風靡したアルマーニ、ベルサーチ、フェレといったデザイナーズブランドと入れ違うようにして、1990年代にクラシコ・イタリア・ブームを引き起こした。

しかし筆者が取材を始めた80年代後半は、まだ日本での認知度が低く、特別に服好きな店長がいる一部のメンズクロージングストアだけが、なかば趣味のようにこうした高額スーツ(当時で30から40万ほど)を少量だけ扱っていたのである。

筆者はそんな店のシンパであったがゆえに、当時書くことをためらったことがひとつだけあった。

「一度バラバラにしてから作り直す」

当記事はByron(運営:INCLUSIVE)の提供記事です

それを知ったのは、ミラノの某ショップで御三家ブランドのひとつを見つけたときだった。しかし気に入ったスーツは、サイズがひとつ大きめ。あきらめて帰ろうとしたときに店員が声をかけてきた。袖丈、ウエストの調整だけでなく、肩やボディまわりの寸法直しをしてくれるというのである。

「このスーツを作っているナポリの工場に送って一度バラバラにしてから作り直すので、フィットはパーフェクトになる。ただし出来上がるまで3週間ほど必要だ」

数日後に帰国するので残念ながら購入しなかったが、筆者には別れぎわに彼が言った言葉が忘れられない。

「なんでこのスーツが飛び抜けて高額だと思う? 理由はお直しの工賃が売値に含まれているからさ。購入した人のサイズに合わせて工場が作り直す。それがラグジュアリーなスーツを買ってくれたお客様に対する当然のサービスってもんだろう」

次ページヨーロッパでは普通に行われてきたこと
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。