不払い撲滅!弁護士アプリ「残レコ」の潜在力

裁判の証拠として使うこともできる

さまざまな理由で残業代を諦めていませんか?(写真:わたなべ りょう / PIXTA)

毎日遅くまで残業ご苦労様です──えっ! 残業代もらってないの?

元々給料に残業代が含まれてるって言われているから……。年俸制だから……。管理職だから……。変形労働時間制だから……。裁量労働制だから……。などなど、さまざまな理由で残業代を諦めてはいないだろうか? これらの理由で残業代を払っていないその会社は、もしかするとブラックかもしれない。

そんなブラック企業がはびこる社会を変えようと、残業代を請求できる証拠を残すアプリが弁護士たちによって開発された。

スマホのGPS機能を活用して残業を記録する

当記事はFUTURUS(運営:INCLUSIVE)の提供記事です

そのアプリの名は『残業証拠レコーダー』(以下『残レコ』)。スマートフォンのGPS機能を利用して、自動的に残業時間を記録するアプリだ。

『残レコ』ホーム画面(写真はhttps://www.atpress.ne.jp/news/102701より)

開発は日本リーガルネットワーク(東京都千代田区)で、本稿執筆時点では現在はAndroid用のみがリリースされているが、近日中にiOS版もリリースされるようだ。

開発には弁護士が携わっており、労働者が企業へ残業代を請求する際に、裁判でも証拠として使うことに耐えうる仕組みが盛り込まれている。

開発会社としては、残業に関する知識が少ないことで残業代を払われずに泣き寝入りしていることに、労働者に気付いて欲しいという開発動機があったという。

そのため、『残レコ』ではまず初めに10項目ほどの質問に答えることで、自分の残業代が法律上請求できるのかどうかや、シフト制や変形労働時間制などの雇用タイプ別に残業代をシミュレーションすることができる。

次ページ裁判で証拠として利用することが可能
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。