KDDI、スマホでつなぐリアルと仮想

森永製菓、東急電鉄などと新サービス

KDDIがスマートフォンを使った、新しいサービスを始めた。実際の風景とバーチャルな情報を組み合わせて、ネットから商品の詳しい情報を得たり、部屋に家具を配置するといったさまざまなシミュレーションなどができる「拡張現実」がそれだ。英語で記すと「Augmented Reality」。ARと略される。

KDDIは1月17日、商品のパッケージやカタログ、ポスターなどを活用したAR情報サービスのトライアル提供を開始した。まずはカンロや東急電鉄、富士急ハイランド、森永製菓など16社と連携してサービスを提供する。

FacebookやTwitterとも連動

このサービスでは、ユーザーが専用アプリを使って、対応する商品パッケージや本、カタログなどにスマートフォンなどの端末をかざす。すると、その商品自体のホームページやフェイスブック、ツイッターのアイコンが浮かび上がり、リンク先にアクセスすることができる仕組みだ。ネットから商品を購入することも可能だ。

KDDI研究所が開発した「大規模画像認識技術」によって、最大約10万件の画像データベースから画像を検索できるという。記者が、実際にカタログやスナック菓子、本などにスマホをかざしてみると、1~2秒程度で商品を認識することができた。画像を認識すると、アイコンが出現し、クルクルと商品の回りを回転していく。ここから他のサイトにジャンプできる。

次ページ引っ越し先の家具を仮想で配置
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。